酵素青汁は種類別の特徴がある - 酵素青汁ってどれがいい?

酵素青汁ってどれがいい?

酵素青汁は種類別の特徴がある

酵素と青汁の両方を同時に摂取できるのが、酵素青汁のメリットですが、いくつものメーカーで販売しているので、酵素青汁111選と比較してみましょう。

酵素青汁はパウダーを水に溶かして飲むタイプと、錠剤のタイプに分かれています。
やはり、水に溶かして飲む場合は、青汁の独特の匂いや味が苦手だと感じる方も多いため、フルーツを原材料に使用するなどの工夫をしている商品もあります。
酵素の原材料として使用しているのは、81種類、75種類などとなっており、最も多い235種類の原材料を使用した商品も、ドリンクとして飲む酵素青汁です。
錠剤になっている酵素青汁もありますが、酵素の原材料は90種類、もしくは85種類となっています。
パウダータイプの中には、数多くの原材料を使用することで酵素の働きの面では期待できる部分もありますが、錠剤の酵素青汁のメリットを活かして飲みたいと思うなら、106種類の原材料で酵素を作っている酵素青汁111選がダントツだと言えるでしょう。

価格面でも比較するとパウダータイプの酵素青汁では、1日当たり、14~132円程度、錠剤タイプは30円程度が相場で、酵素青汁111選の定期コースなら1日当たり99円です。
単純に価格のみで比較するなら、他社の酵素青汁にもメリットはあるでしょう。
しかし、問題となるのは管理についてです。
酵素青汁111選は、公式サイトで購入するので、安全性や管理面、販売している企業への信頼が出来るのに対して、他の酵素青汁の中には公式サイトを持たず大手通販サイトのみで取り扱っている商品もあります。
そのため、定期コースやまとめ買いなどのサービスも十分ではありませんし、安定的に手に入るかどうかの不安を感じるのではないでしょうか。

以上のように数種類の酵素青汁を比較して、ご自身の希望に合わせた商品を探しましょう。